ネットビジネスのすゝめ

ネットビジネスのすゝめ

どうも、西です。

 

 

なんか最近、ネット上では、

 

「もう一つの会社で定年まで働き続けられる時代なんて終わりましたよ」

 

みたいなことがよく言われてて、

 

「あなたも会社に頼らないお金を稼ぎ方を・・・」

 

みたいな流れで、副業に勧誘するとか結構あふれてますよね。

 

 

で、そういう勧誘のほとんどが詐欺か、詐欺まがいなので、

 

ホントにネット上で、「ネットビジネスのすゝめ」とか書くの難しいですけど、ぶっちゃけ(笑)

 

 

僕も、それ書いた時点で、詐欺師の仲間だと思われちゃうんじゃないかって、ヒヤヒヤするんですよね。

 

 

もちろん僕は詐欺師じゃないし、疑われたとしてもその人に実害を与えることは無いので、

 

「疑いたいなら勝手に疑ってってくれ」

 

って感じで、発信してるんですけど、、、

 

 

このページは、ネットビジネスに興味持ってる人だけじゃないし、むしろ逆に興味持ってない、フラットな人が多いんじゃないかと思います。

 

 

その前提で聞きたいんですけど、

 

「ネットビジネス」

 

っていうものに対する印象って、みなさんどうですか??

 

 

いやもう聞くまでもないかもしれないですね。

 

 

「いや、胡散臭いわ」

 

 

っていう一択だと思います(笑)

 

 

残念ながら、それは僕も同感。

 

ネットでビジネスやってる僕ですら、そう思っちゃうんだから、知らない人にとってはなおさらですよね。

 

 

だけど、ちょっとだけ僕の話を聞いてもらいたいっていうか、これは僕の経験談でもあるんですけど、

 

 

僕がネットビジネスっていうものを知ったのは、初めて一人暮らしをして部屋で自由にインターネットを使えるようになった2011年の頃です。

 

 

もうびっくりしましたよね。ネットの世界。

 

 

ネット使い始めて、いきなりネットビジネスっていう言葉はわんさか飛び交ってるし、

 

「ネットビジネス」

 

でGoogle検索したら、胡散臭い、あやし〜い、サイトとかいっぱい出てくるし。

 

 

ちょうどその頃の僕はというと、「会社から独立したい」っていうのを薄っすらとですけど考えてた時期で、

 

「そのためにはビジネスの勉強が必要だ!」ってことで、僕お得意の“資格取得”ですよ(笑)

 

中小企業診断士っていう資格の勉強をしてた頃なんですよね。

 

 

だから、ネットがつながった瞬間に、診断士の勉強のためにビジネス関連の情報とかいろいろ調べてましたから、

 

もう、すぐにたどり着きましたよ、「胡散臭い」ネットビジネスの世界に。

 

 

で、胡散臭いな、胡散臭いな、とは思いながらも、

 

「確かめなきゃわかんないな」っていうのがあって、とりあえずいろいろメルマガとかに登録したりしました。無料の。

 

 

でも、はっきり言って大した情報とか載ってないし、結局無料のメルマガに登録しても、後々有料の教材とかを売り込んでくるような営業メールになったりとかっていうのが普通にあって、

 

「そんなもんか」と思いつつ、普通の人ならそこで引き下がるのかなっていう感じもしますけど、

 

もう僕はホントに“独立”したかったんですよね。

 

 

そのためにも、本当にネットビジネスの実態を確かめたかった。

 

 

だから、クソみたいなメルマガばっかり読まされたときでも、

 

「もうやめとこう」

 

じゃなくて、

 

「やっぱ、無料じゃダメだな」

 

って思ったんです。

 

 

無料じゃダメだけど、有料で販売されてる教材だったら、ちゃんと確認できるんじゃないか、って。

 

本当のネットビジネスの実態を。

 

 

それで、その教材が詐欺だったらもうそれまでで、あきらめよう。

 

っていう感じ。

 

 

 

で、何か買ってみよう、何か買ってみよう、って思いながらネット漁っていくと、

 

「これは絶対詐欺だよな」

 

っていうものが多かったんですけど、結局購入したのは1万円の教材です。

 

 

1万円なら、まあ、最悪騙されてたとしても致命的ではないな、ってことで、買いました。

 

 

教材名挙げると誘導してるって思われるかもしれないんで、あえて伏せときますけど(まだ販売され続けてる教材なんで)、

 

セールスページとか、もうマジで胡散臭くて、

 

「わずか1カ月・・・約20通のメール・・・たったそれだけで2億円を稼ぎ〜〜〜」

 

っていう文言から始まる、もうめちゃめちゃ怪しい教材なんですけど(笑)、

 

探してきた中で、取りあえずセールスページ全部読んでみて、一番信用できそうだなって思ったのがそれだったんで、買いました。

 

 

 

結論から言えば、それが僕にとって吉でした。

 

 

誤解を招くかもしれないので付け加えますが、その教材を買って勉強したからって、別にすぐに稼げるようになったわけじゃないし、

 

すぐに稼げるようなノウハウが手に入ったわけじゃないんですけど、

 

その教材を買うことで、

 

 

「騙されなかったな」

 

 

っていうことと、これは完全に知識の習得として、診断士の勉強をしている僕にとっても、

 

 

「ビジネスの勉強になったな」

 

 

っていう実感があったし、なにより、

 

 

「ネットビジネスの世界って、本当にまともな形で存在するんだな」

 

 

っていうことが、確信をもって分かった。

 

 

それがホントにおっきかったです。

 

 

そこが僕のネットビジネスのスタートで、そこからまた何年かかけて、勉強し続けて、今につながります。

 

 

「ネットビジネス」って、そういう特別なカテゴリがあるわけじゃなくて、あるのはただの「ビジネス」。

 

 

そのビジネスを、ただネット上で完結できるようにやってるだけ。

 

 

僕の場合は、資格取得のための教材を作って販売してますけど、

 

これがオフラインだったら、本を執筆して印刷して出版して本屋に並べて販売される、っていうビジネスの形がありますが、

 

本って言っても、中身は「文章」ですからね。

 

ワードで書けるし、電子ファイルにして、メールがあれば誰にでも送れるし、印刷しなくても読める。

 

だから、「教材を作って売る」っていうのは、ビジネスとしてネット上だけで完結することが可能なんですよね。

 

 

そういう発想。

 

 

「ビジネス」が、ネット上で完結するから、「ネットビジネス」。

 

 

そういう感覚。

 

 

それを、限りな〜く、胡散臭く表現していくと、

 

・ネットを使ってパソコン一台で

 

とか、

 

・家にいながら月収○○万円

 

とか、

 

・好きな時だけ働いて年収○○万円

 

とか、そういうのが登場してくるっていう感じですかね。

 

 

でも実際は、だれでも稼げるっていうわけでは当然ないし、「ビジネス」をやるわけですからね。

 

ビジネスっていうものを知らないと、そんなの実現できるわけないし、

 

 

だから、「誰でも簡単にできます!」な〜んて語ってるのは、本当の“詐欺”です。

 

 

 

ということで以上、僕のネットビジネス観です。

 

 

内容がまったく『ネットビジネスのすゝめ』になってないんですけど(笑)

 

 

会社から独立したいとか、雇われじゃなく自分の力で稼ぎたいとか、いい加減自由になりたいとか、

 

そういう人にとっては、ネットでビジネスをやるっていうのは、一つの選択肢でもありチャンスでもあります。

 

 

一つの会社に就職して定年まで働く、

 

っていうのは、やっぱりどんなに楽観的に見たとしても、ありえない時代になってきてるのは事実です。

 

 

そういう現実の危機感を感じてる人、それに対して何か行動を起こしておきたいなら、やっぱりネットでビジネスをやるっていうのは選択肢としてあり得ます。

 

もちろん他にも選択肢はありますけど、僕が選んだのはネットビジネスで、それが最もやりたいことができるし、自由になれるなって思いましたから。

 

 

自分がモノやサービスを作って売るってなったときに、ネットに繋がってるっていうだけで全国のネットを使ってる日本だけで何千万人という人に対して、アプローチできるわけですから、

 

オフラインでしかビジネスできないよりも、はるかに有利。

 

僕が当時「独立するならネットビジネスしかない!」って思って、今でもそれは変わらないんですけど、

 

そういう人にとっては、僕は個人的におススメです。

 

ネット“で”ビジネス。

 

 

ではでは以上になります。

 

お読みいただきありがとうございました!

 

 

-西-

 

 

page top